扱う書類は1万種類も! 行政書類の作成&申請の専門家

行政書士という資格は、よくテレビドラマなどにも取り上げられますので、興味をお持ちの方も多いかもしれませんね。しかし、行政書士の仕事の内容について、具体的に知っている人は少ないように思います。
行政書士が実際にどのような仕事を行っているのか、詳細を見ていくことにしましょう。

例えばあなたが、『カフェをオープンしたい』と考えていたとします。
開店するためには、役所からの営業許可が必要となるわけですが、どのような書類を揃えてどの役所へ申請すればいいのか、すぐに分かりますか?
ほかにも『会社を設立したい』というときや、建築業や産廃業などの特殊な業種を営業したいと思ったときなど、どのように許可申請を行ったらよいのか、わかりにくいですし、とてもわずらわしい作業となります。
そこで、一般の人が慣れていない行政書類の作成や申請業務を、依頼人に代わって行うのが行政書士というわけです。

行政書士の仕事は、ほかにもたくさんあります。そこで、行政書士が作成する主な書類の内容を書き出してみましょう。

  • 外国人のビザ申請など国際的な業務
  • 車庫証明など自動車関連
  • 交通事故の損害賠償請求
  • 相続や遺言書の作成やアドバイス
  • 各種契約書の作成

このように、書類の内容は多岐に渡っていて、一説によると数千~一万種類にも及ぶと言われているそうです。
行政書士は、細かな契約書の作成や遺言書の作成などの個人的な依頼から、法人の設立などのオフィシャルな依頼まで、さまざまな書類作成と許可申請業務を迅速にこなしていく、行政書類のプロフェッショナルといえます。
しかも、依頼人の利益を守るために法律や行政を相手に奮闘姿から、“弁護士より身近な町の法律家”とも称されているのです。

 

本当に使える資格を最短で合格するあの方法は?