合格率は10%以下! 人気は高いが難関試験です

行政書士として活躍するためには、当然ですが国家試験に挑戦して資格を取得する必要があります。行政書士試験は、ここ10年間の合格率を平均すると7%前後となり、かなりの難関試験であることが分かります。しかも、試験の内容は憲法や民法、行政法などの法律について問われますので、普段法律に触れる機会のない人にとっては、かなりとっつきにくいものと感じるはずです。
効率のよい学習と念入りな対策が必要となりますので、早めに準備に取り掛かってください。まずは、試験概要を確認することから始めましょう。

行政書士・試験概要

●受験資格
年齢、学歴、国籍等に関係なく、誰でも受験することができます。

●試験期日
毎年11月第1週の日曜日

●試験の科目及び方法
①試験の科目
・行政書士の業務に関し必要な法令等 (出題数46題)
憲法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする。)、民法、商法及び基礎法学の中からそれぞれ出題し、法令については試験年度の4月1日現在施行されている法令に関して出題します。
・行政書士の業務に関連する一般知識等 (出題数14題)
政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解

②試験の方法
試験は筆記試験によって行います。
出題の形式は、「行政書士の業務に関し必要な法令等」は択一式及び記述式、「行政書士の業務に関連する一般知識等」は択一式とします。
※記述式は40字程度で記述するものを出題します。

●合格基準
次の用件をいずれも満たした者を合格とします。

  • 行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、満点の50%以上である者
  • 行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、満点の40%以上である者
  • 試験全体の得点が、満点の60%以上である者。
  • 合格基準については、問題の難易度を評価し、補正的措置を加えることもあります。
 

本当に使える資格を最短で合格するあの方法は?