自分のライフスタイルにあった方法はどちら?

独学の危険性を認識した受験生は、当然ながら通学講座または通信講座の受講を検討することでしょう。
そこで、定時に教室に通って講義を受講する「通学講座」にするか、教材を自宅まで届けてもらって、DVDやCDで講義を視聴する「通信講座」にするか、という2つの選択肢について考えてみることにします。
両者のメリットやデメリットを比較し、自分のライフスタイルを照らし合わせることで、自ずと答えが見えてくるはずです。

●通学講座のメリットとデメリット
毎回決められた時間に教室へ通って講義を受けるというスタイルは、滞りがちな受験勉強にリズムが生まれます。どうしてもサボりがちになってしまう人であっても、言わば強制的に勉強せざるを得ない状況に追い込むのです。
また、講師の生の講義が受けられるので、疑問点を直接聞いてその場で解決できることもメリットといえるでしょう。
使用されるテキストなどは、必要最小限にまとめられているものが多いので、学習にかかる負担ができるだけ軽くなるように工夫されているようです。

デメリットとして挙げられるのは、毎回同じ時間に通学しなければならないという時間的な拘束や、教室から遠い人は通うのが難しい、という問題があること。プロの講師といっても多少の個人差はありますので、教室や授業によっては講師の実力の差が出てしまうことも事実でしょう。
さらに、通信講座と比較すると、受講料が高めに設定されていることもデメリットの1つと考えられます。

 

●通信講座のメリットとデメリット
通学講座のように、時間的な拘束や地理的な問題がないところが最大のメリットでしょう。仕事の空き時間に講義DVDを見たり、移動時間にCDを聞いたりとったスキマ学習が可能です。
テキストは通学講座と同様、合格基準ギリギリの内容に絞り込んで編集されています。講義を収録したCDやDVDが付いているコースの場合は、それらの講義を何度も繰り返し視聴できるというのもメリットです。教室で講義を受けるのとは違い、分からなかったところを何度でも繰り返し再生して確認できることは大きいですね。しかも、DVDなどのメディアにはその講座で一番実力のある講師が出演している場合が多いので、通学講座のように教室によって実力の差を感じることもないと思います。

ただし、自由に学習できるのがメリットである反面、デメリットとも言えます。
独学と同様、自分自身で学習スケジュールを管理する必要がでてくるのです。
しかも、講座によって受講料もカリキュラムの質もかなり違うので、質の悪い講座にあたってしまうと、独学以上の痛手となります。
講座選びが難しいという点も、デメリットのひとつと考えられますね。

 

本当に使える資格を最短で合格するあの方法は?