確実に合格できる、よい通信講座を見極める方法

前のページでは、通学講座と通信講座のメリットとデメリットについて関節してきました。そこで、このページでは受講する講座を決定する際に、どのようなポイントを見極めればよいのか、そのあたりを考えてみることにしましょう。

仕事が忙しい社会人や、家庭を持つ主婦の方などが実際に受講するとなると、毎週決まった時間に講義を聴きに通学する、というのはなかなか難しいこと。しかも、多くの資格試験スクールの教室が都市部に集中していることから、地方在住の受験者にとっては、通学講座は選択しにくいと思います。
そんな生徒の事情を反映してか、資格学校の業界では通学講座から通信講座へと主流が移りつつあるようです。

そこで今回は、通信講座の選び方に的を絞ってご紹介したいと思います。
質の差が激しい通信講座の中から、よい講座を選び取るためには、どのようなポイントを見極めればよいのでしょうか。
この選択があなたの合否を左右することになるかもしれませんよ。

ポイント1 教材に受講生の理解を助ける工夫がされているか
できるだけ情報量を抑えた内容のテキストであることはもちろん、重要項目はカラーで色分けされていたり、分かり難いところは図表になっていたり、工夫がなされているかを見極めましょう。ただでさえハードルが高い試験なのですから、受講生の負担が軽くなるよう、ハードルを下げるように工夫する姿勢があるかどうかがポイントなのです。

ポイント2 講義メディアが付いているか
教材の中に、講義DVDやCDが付いているかどうかも重要なポイントです。社行政書士や社労士、宅建のような法律系の試験は、難解な項目も多く出てきますし、試験範囲が膨大なので、プロの講師が分かりやすく噛み砕いて解説してくれる講義が視聴できるかどうかが、効率的に学習を進められるか否かの分かれ道になるようです。

ポイント3 受講料とカリキュラムの内容が適正か
激安の受講料で宣伝している講座では、講義DVDが付いていなかったり、内容もそれなりであることが多いように思います。逆に受講料が高い講座であっても、必ず合格できるとは言い切れません。
重要なのは、金額が安い・高いということではなく、講座の内容に大して受講料が適切かどうか、そしてその内容が自分に必要なものかどうかを見極めることにあるのです。

 

本当に使える資格を最短で合格するあの方法は?