仕事でもプライベートでも使えること間違いなし!

資格を取得するためには、教材や受験料などの費用もかかりますし、忙しい合間をぬって勉強する時間も必要となります。それなりの努力を強いられるわけですから、取得した暁には、それ相応のメリットがなければ努力する甲斐がありませんね。資格を取得するというのは、その資格を得ること以上に、さまざまなメリットが付随するものなのです。

例えば、医師や弁護士のように、資格を持っている人でなければ特定の業務や行為が行えないという制限が存在している場合がありますし、取得することによって会社でも給与査定に反映される資格もあるでしょう。さらに、資格を持っていることで就職や転職の際に有利になることも考えられるわけです。
このように、資格を取得することの最大のメリットは、社会人として仕事をする上で、『自分の評価が上がる(=収入が上がる)』ことなのではないでしょうか。
資格は、自分がよりよい職場で働くため、より高いレベルや収入に達するためのチケットのようなものです。このチケットを手にしたら、あと少しの努力で成功へと導いていけばよいのです。

しかも、資格を得る意味は、仕事上だけに限ったことではありません。
資格を取得するためには試験に合格する必要があり、試験を受ける際にはたいていの人が試験勉強を行うでしょう。この、試験勉強という名目で自分に吸収された知識が、ビジネス以外でも役に立つことがあるのです。
ファイナンシャルプランナーの検定試験では、金融に関する広い知識が問われますが、これらの知識は自らの資産運用や税金対策などにも役立てることができます。さらに、社会保険労務士なども同様で、社会保険に関する知識は自分やその家族、知人の役にも立つはずです。

人生の中の、ほんのわずかな期間の努力によって得られた資格が、自分の仕事や生活を大きく変えるチャンスとなってくれることもあります。
資格取得とは、そのような大きな意味のある、人生の転機だと考えて臨むべきだと私は思います。

 

本当に使える資格を最短で合格するあの方法は?