企業でも活躍でき、独立も可能! これからが期待される資格

日本でも徐々に定着しつつある、ファイナンシャルプランナー(通称“FP)という資格。アメリカでは「有能な医者と弁護士とファイナンシャルプランナーを身内に持つといい」といわれているほど、メジャーな存在です。
長い不況が続いていますが、そんな中で、住宅資金や教育資金、老後の生活資金をどうやって確保するか、といったお金に関する悩みを抱える人が増えています。こんなときにこそ、確かな金融知識に基づいて的確なアドバイスを行うFPの存在が不可欠なのです。

FPに必要とされている知識は、主に下記の6つです。

  1. 年金(年金保険料など)
  2. 保険(生命保険、損害保険など)
  3. 税金(確定申告、年末調整など)
  4. 金融(株式投資、預貯金の方法など)
  5. 不動産(不動産取得、住宅ローンなど)
  6. 相続(相続税など)

FPは、顧客が将来達成したい目標や実現したい夢をかなえるため、「それに必要なお金」という観点からライフプランを設計し、アドバイスをおこないます。
このとき、顧客の預貯金などの資産や生活状況を把握し、プライベートな部分にまで一歩踏み込んでプランニングを行いますから、顧客にとってはとても身近な存在となり、金融に関するホームドクターのように欠かせない存在となっていくのです。
FPとして働く方法として、2つの方法が挙げられます。ひとつは、保険会社などの企業に就職しながら資格を取得して働く方法。もうひとつは独立して事務所を構え、個人の顧客を相手にコンサルタントなどを行っていく、独立系ファイナンシャルプランナーという方法です。
FPという資格は、企業に就職しながら資格を活かすこともできますし、独立することも可能な、フレキシブルな資格であるといえますね。

.

 

本当に使える資格を最短で合格するあの方法は?